Sound with Vision

世界中のクリエイティブが集い
アイデアからその実現までを提供する
ミュージックエージェンシー

Icon--scroll

The Secret is in the Mix

ワールドクラスのスタジオで
オリジナルミュージックや
サウンドデザインをプロデュース

Icon--scroll

Hit the Spot

常に拡張し続ける
Syn Songs ライブラリーで
今すぐ使用可能な楽曲が見つかる

Icon--scroll

Make a Noise

ブランドアクティベーションや
マーケティング、キャンペーンを
コンセプトから実現へ

Icon--scroll

Set the Scene

ライブミュージックに
ソニックブランディング
常にベストな音楽をセレクト

Icon--scroll

ナレーション

ボイスオーバーレコーディングをワールドクラスの環境でコーディネート。

Icon--scroll

Oppein

2018年 05月 17日

5月15日は国際家族デー。世界中の家族に大事なメッセージをお届けするOppeinの感動的な公共広告のマイクロフィルムで、Synはオリジナル音楽制作を手がけました。今回の音楽は、モダン系エレクトロニックと壮大なオーケストラ要素を合体し最新テクノロジーを強調することで、一人の人生のストーリーを語ります。これまで以上に家族をもっと大切に、そして人生のモチベーションを取り戻して欲しいと、Synはこの作品を通じて願っています。

Producer: Team Kurt

今回はどこにいようとも心地よい天気にしてくれそうな幾つかの曲を紹介します。そして、願わくばもっとお日様を。

フォーク、ジャズの優しい音色に包まれましょう: https://tinyurl.com/SoundsforSpring

Wella

2018年 05月 07日

「歳を重ねるだけじゃなく、ただ人より経験を積んでる」という外国のことわざがあります。ウェラヘアカラートリートメントのCMはまさに大人の女性のかっこよさやエレガントさを表現。もちろん、音楽はSynが経験豊かな女性たちに届けます。

Producer: Team Toshi

AVJK

2018年 04月 27日

日本の女子高生はいわゆるアルバイトエージェントにアプローチされることが多く、大半は不適切なオファー。日本内閣府のキャンペーンビデオにより、女性「ガーディアンズ」が世の中の女子高生に自信を与え、その強いメッセージをSynのオリジナル楽曲がサポートしてます。

Producer: Team Toshi

Syn Sakura Party 2018

2018年 04月 09日

Syn の共同創始者Simon & Yasmin Le Bon、そしてSynの素晴らしい友人達とのSyn Sakura Party 2018!皆さま、また来年お会いしましょう!

Canon ImagePress C850

2018年 04月 06日

世界で最も革新的なプリンターの一つである Canon ImagePress C850 の背景にある複雑なテクノロジーをどう説明しますか?

簡単です:分解し、中の動きを映像で見せればいいのです。知的でおもしろい Syn Tokyo のオリジナル楽曲により、さらに目が離せなくなってます。

 
Producer: Team Toshi

Project Candy House

2018年 04月 03日

丘のように古くからある昔話を、BBH上海という乗り物に載せ21世紀に持ち込んだのは、YouTubeの新しい6秒コマーシャルの形でした。

楽曲:「Escape Plan」作曲:Syn Collective、 プロデュース:Syn

フルバージョンはこちらから:

Producer: Team Kurt 

ADFEST 2018:

2018年 03月 29日

SynのCEOであり、クリエイティブディレクターのNick Wood がADFEST 2018に登壇し、”Music Saves the Day: The Magic of Music and Marketing" を発表しました。ご拝聴くださいました皆さま、ありがとうございました。とても楽しかったです!


Our Emmy is home!

2018年 03月 12日

エミー賞トロフィーがSyn Studio Tokyoに届きました!素晴らしいチームワークで勝ち取った受賞です!

HLN Original Series

2018年 03月 05日

私たちのパートナーは、HLNの新プロモーションにて、不吉な予感や不穏な空気を引き立てる音を探してました。伝統音楽である「Scarborough Fair」の謎めいた歌詞と、不気味なメロディーが完璧にはまり、L.A.新進気鋭のシンガーのValenをフィーチャーした、Synチームによるオリジナルレコーディングが、異世界のような歌を吹き込んでいます。