Fiat 500e

3月 12, 2020

EUの法令により、自動車メーカーは全ての電気自動車に“車両接近通報装置(AVAS)”の搭載を義務付けられています。これは車体が低速度で走行の際、警告ノイズを発するものです。

このプロジェクトはSynにとって非常にユニークかつ最高にクリエイティブなものとなりました。このモデルのイメージを超え、そしてこのブランドに新しい息吹きを与え、法的そして実用的にも叶う作品として、ソニック・アイデンティティの重要な核を担うサウンド制作を担当したことを光栄に思います。

今回のサウンド制作にあたり、Synが誇るフィンランド在住のヴォイスアーティストRudi Rokと、ミラノを拠点とするRed Rose Productionsが加わり、国境を超えたインターナショナルなチームとして素晴らしいタイムレスなカーモデルのエンジンサウンド制作を実現させました。人間の豊かな声と、ニーノ・ロータの名曲『Amarcordのテーマ』のメロディを融合し、革新的かつオーガニックなサウンドに仕上げました。