Shangri-La Hotel

9月 21, 2018

The Shangri-La Tokyoはオリジナルのソニックブランディングパッケージを取り入れている世界的にも稀なホテルだ。ゴールは、ゲストがホテルという静かで穏やかな現代のサンクチュアリに一歩踏み入れた時、都会の混沌や喧騒から逃避できる環境を作ることで、五感すべてを心地よく刺激し、最高の安らぎと寛ぎを与えることだった。私たちはこれを、シャングリラホテルの東京でのミッションと価値観に添いつつ、控えめで、なめらかな、空気の様なテーマソングを作ることで達成した。音楽という言語とかすかな季節の音を使い、シャングリラの利用者が各々の想いを巡らせたり、風景を思い描きながら、そこで過ごす時を少しでも豊かにする手助けができることを願っている。“Little Piece of Heaven”というテーマソングを、エレベーター、客室、スイートルーム、電話保留音、そしてホテル車両、それぞれのバリエーションで用意。また、季節を重んじる日本文化に習い、四季に合わせて楽曲をアップデートしている。