Sony Sonic Branding

2月 4, 2020

Synは2019年にSonyと再び共同作業を行い、Sony Movies、Sonyチャンネル、そしてAXNといった3つのソニーチャンネルのソニック・アイデンティティの為サウンドデザインを制作しました。Synは、ロゴやコンテンツ、オーディエンス、そしてエッセンスといった各チャンネルの個性を表現したソニック・アイデンティティのクリエイトを担当。まずSony Movies用には、劇場観賞が体現する躍動感やビジュアルを最大限に引き出す最先端技術といったカッティングエッジな要素としてのソニック・アイデンティティを表現。Sonyチャンネルでは、コンテンツを世界中にお届けするグローバル・エンターテイメント・チャンネルとして、クールで躍動感に溢れ、洗練されたサウンドを提示することでこのチャンネルが持つユニバーサルな性格/魅力を表現しています。そしてSony AXNでは、アクションやスリラー、ミステリー作品をコンテンツとして放映していますが、今回Synはそれに合わせ、このチャンネルのコンテンツが持つ暗いイメージを音で幅広いオーディエンスにアピールするよう制作しました。このテーマ曲の為にSynは、印象的で魅惑的な声を持つ女性ヴォーカリストをフィーチャーしました。